風船で空を飛ぶ

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

数年前に、「カールじいさんの空飛ぶ家」というアニメ映画がありましたが(家族で見に行きました)
子供の頃、風船たくさん持って空を飛んでみたいなあ、なんて誰しも思ったのではないでしょうか。
私も思いました。
45A968EF00000578-5015843-image-a-23_1508929565929.jpg
そんな夢を叶えてしまった人が昨日のニュースに出ていました。
調べたところ、イギリス人でした。
100個の風船に2日かけてヘリウムガスを入れ、約二時間半の空の旅を楽しんだそうです。

A British thrill-seeker has flown across South Africa strapped to a camping chair carried by 100 balloons.
Tom Morgan, 38, drifted nearly 16 miles through the sky and reached a height of 1.5 miles after spending two days filling the balloons with helium.
He had previously attempted the cluster ballooning stunt three times in Botswana before finally succeeding north of Johannesburg using the last of his helium supply.
Mr Morgan, from Bristol, said: 'I found an article on a 1905 gas balloon race and thought "we could do that."
'The problem was finding a good weather window and it was difficult to protect the balloons as they kept bursting.
'It was completely silent and the view was amazing - the whole thing was magical but I don't think it will be a commercial success.'

もちろんどんなことがどんな場面で起こるのか予測もできず、心配もあったようで、
'If something had gone horribly wrong it would have been pretty permanent.
'There was a priest from South America who did it a few years ago and he went too high and didn't come back.

と言っています。この牧師さん、帰ってこなかった、ということは行方不明になってしまったのでしょうか。


元の記事はこちら
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5015843/Thrill-seeker-floats-South-Africa-100-balloons.html

Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-5015843/Thrill-seeker-floats-South-Africa-100-balloons.html#ixzz4xEgRYeK3
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook

続きを読む

スポンサーサイト

オープンデー(案内日)

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

5月から始まった新しい小学生1、2年クラス、毎回楽しくレッスンしています。
今年のお友達は皆さん活発で、積極的です。
スタートから半年が過ぎましたが、毎回大賑わいです。

春から始まったもう一つのクラス、中学1年クラス、ちょっと生徒さんたちの中でもレベルに差があるので、雑用係が入ってサポートしています。
中学生クラス、とても楽しいです!
とにかく盛りだくさんで、私が中学生だった時にあったら大喜びで通ったのに、と思います。
(残念ながら、この二つのクラスは生徒さん募集してません)

ウィンザーのレッスンは講師がゲームやペアワークなどたくさん用意して、ワクワクするアクティビティがいっぱいです。
大人のクラスも会話の上達はもちろんですが、世界にはこんな文化が!と新しい発見をしたり、
いつも同じことの繰り返しの毎日に刺激を与えたり、違った分野のお仕事で活躍されている方に出会って
英語で意見を交わしたりすることもできると思います。

現在、中学3年クラス(土)20:00〜21:00
小学3年クラス(水)17:15〜18:15

に余裕があります。
中学3年クラスの方は、受験も意識した授業になっています。
興味のある方、勉強にいらっしゃいませんか?

大人のクラスは、一度簡単なテストを受けていただいて合ったレベルでの体験レッスンを受けていただいています。
次回案内日は、11月4日(土)です。
午後2時から4時までやっておりますので、教室の雰囲気や講師に一度会ってみたい方、気軽に遊びに来て下さい。
(実際のレッスンはありません)
お待ちしております♪

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/


8月のオープンデー(案内日)

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
明日の土曜日はオープンデー、案内日です。
午後2時から4時までやっておりますので、教室の雰囲気や講師に一度会ってみたい方、気軽に遊びに来て下さい。
(実際のレッスンはありません)
大人クラスに入会希望の方には簡単なテストがあります。
お待ちしております♪

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/


ニューヨークのクジラ

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

今朝のBSで、ニューヨークの海にクジラが帰ってきた、というニュースが流れていました。
NYの高層マンションの24階に住んでいる女の人が、窓から見下ろせるハドソン川に(川にいるって驚きです)クジラを見つけた時は目を疑ったそうです。
検索してみたところ、
For the first time in a century, humpback whales have returned to the waters of New York harbor.
And not just occasionally, either.
They're coming in enough numbers that a company can reliably trot tourists out to the ocean
—within sight distance of Manhattan’s skyscrapers—to see them.

http://www.popsci.com/new-york-city-whalesより
humpback whales ザトウクジラ
occasionally    時々 
reliably 確実に
trot         急ぎ足にする(急かす) 
skyscrapers    摩天楼
IMG_9826.jpg

夏至も過ぎ仕事帰りもまだ明るいこの頃ですが、お天気がいいと綺麗な海を眺めながらドライブできます。
そんな時、え!?今のもしかしてクジラ!?
なんてことがあったらいいですね。。。。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

お花見と小鳥

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

雑用係はにかほに住んでいて、近くを白雪川という川が流れています。
その川沿いに桜が植えてあるのですが、満開になりそうというところで、月、火の強風。
花を楽しむ間もなくかなり散ってしまいました。
スクリーンショット 20170422
月曜の朝、散る前の写真です。
残念。
昨日娘が登校した後に散歩に出かけたところ、それでも残った桜の蜜を吸いに小鳥がやってきていました。
小鳥、というかムクドリ(?)のような大きい鳥です。
川にはツバメも来ていて低空飛行しています。水を飲んでいるのでしょうか。
ムクドリもいいけど、あまり可愛いのは来ないなあと思って見ていたら、
来ました、メジロ。
小さくてウグイス色(なのにメジロ)キュートな容姿です。今年初めて見ました。
警戒心が強いのかあっという間に飛び去ってしまいました。

実は先日、教室のストーブの煙突に小鳥が入ってきて、中でバタバタやっていたそうです。
実家の母が呼ばれ煙突を開けて逃がしてくれました。
ところがそのすぐ後、また入ってきて、今度は兄が呼ばれて、出したそうです。
ひょいと捕まえると観念したのか、バタバタするでもなく、そのつぶらな瞳で兄の目をじっと見ていた(と本人は言うのですが)そうです。可愛いですね。
巣作りに良さそうだと思ったのでしょう。去年も同じようなことがあり、今回兄が煙突の先に網をかけてくれました。
(いつも色々してくれて本当にありがたいです)
講師はそういったものを捕まえたり触ったりというのが苦手です。
それでも最近犬が飼いたい、猫が飼いたい、と言っています。
下の娘も来年には家を出てしまうので、寂しいのかもしれません。

本荘公園の桜はまだ大丈夫のようです。
今日あたり行ってみようと思っています。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

訂正:白雪川ではなく、大沢川でした。

春の新小学生クラス・オープンデー

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

今年の春も新1、2年生クラスをスタートさせたいと考えています。
体験レッスンを4月26日(水)午後4時に実施します。
ご希望の方は電話、メールなどでご連絡ください。
メール: windsorschool@mac.com
電話 : 24-0399

毎年春スタートの低学年クラスは学校生活に慣れたりと新しいことが多く大変な時期なので、ちょっと落ち着いたころに実施しています。
レッスンのスタートはゴールデンウィーク明けになります。

ウィンザー・イングリッシュ・スクールでは、イギリス出身の講師が英会話のレッスンをしますが、このブログを書いている「雑用係」が小学生クラスでお手伝いしています。
講師は日本語も大丈夫ですが、雑用係がいることで子供たちはより安心してレッスンを受けることができるようです。
今年はどんなお友達がいらっしゃるかとても楽しみです。

また、今週末の 4/1(土)14:00〜16:00はオープンデーです。
教室の雰囲気や、講師がどういう人なのか見たりお話したりできます。
大人クラスに入会を考えていらっしゃる方のテストも致しますので、
お気軽にお立ち寄り下さい。

IMG_2501.jpg
なごり雪で作った雪だるま

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

2月のオープンデー

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

寒くて寒くて逃げたくなるような日が続いていますが、明日の土曜日はオープンデー、案内日です。
(逃げるは恥だが、、、、?)
午後2時から4時までやっておりますので、教室の雰囲気や講師に一度会ってみたい方、気軽に是非遊びに来て下さい。(実際のレッスンはありません)
予約はいりません。大人クラスは簡単なテストがあります。

卒業していく子供達もいて、寂しい時期ですが、また新しい出会いにも期待したいです。
去年始まった小学生低学年クラスの授業、昨日は1時間集中力ほとんど切れずに、盛り上がったレッスンでした。
appleという単語が出ると、ほぼ毎回apple pen♪と誰かが歌い笑いが出ます。
おとなしい子供が多くて、どうなることかと(毎年違うことで思っていますが)思いましたが慣れるに従って、声も大きくなってお互いの気心も少しずつわかるようになってきている感じです。
楽しく通ってきてくれているようで、ありがたいです。
今年も春からできれば新しいクラスを作りたいと思っています。
入会のご希望あればお知らせ下さい。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

懐かしいパン屋さん

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

先日、第一病院で検診を受けたのですが、久しぶりに近くにあるパン屋さん、『エンゼル』に帰りに寄ろう!と前日から決めていました。
私が中・高校生の時そんなによく行っていたわけでもなかったのですが、時々行って、ハムの入ったクロワッサンと、カスタードの入ったミルフィーユが好きで買っていました。
あと、ダークチェリーパイというのが、確かにあって、いつだったかそれを尋ねたところお店の方に知らないと言われてしまいました。
(ちょっと狐につままれた感じで、、、。)
エンゼルはもう少しウィンザー・イングリッシュ・スクール寄りに(つまり私の実家寄り)にあったのですが、今のところに引っ越してからはほとんど行かなくなっていました。
そして、思ったより早く検診が終わり、エンゼルまで歩いて行くと、、、。
なんと、「40年のご愛顧に感謝します」とのメッセージと共に閉店してしまっていたのです!
川からの冷たい風にさらされながら、呆然と立ち尽くしました。(ちょっとおおげさですが)
どうしてもっと行かなかったのかなあと、ちょっと後悔もしました。

閉店してしまったお店と言えば、本荘にはたくさんあると思いますが、それこそ中高生のとき足繁く通った「オレンジハウス紀之国屋」という雑貨を取り扱うお店、今でも時々中で買い物をする夢を見ます。
駅前通りにあって、自分の物や誕生日のプレゼントなどを買ったものです。
きれいなお姉さんがレジにいて、こんな人に生まれたかったなあ、なんて思ったものです。
先日昔私が使っていた引き出しの中から、包み紙が出てきました。
汚れ防止に下に敷いていたものです。


そして、この絵IMG_0142.jpg
を見て、あっ!!と思いました。
この絵、象潟町( 現在のにかほ市象潟)生まれの版画家、池田修三さんのものでは?
画像をググってみても見つからないのですが、作風似ています。

さて、ウィンザー・イングリッシュ・スクールはこの本荘でまだまだ頑張ります。
どうぞよろしくお願いします。


教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/




あけましておめでとうございます/オープンデー(案内日)

新年あけましておめでとうございます。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。2017年もウィンザー・イングリッシュ・スクールをどうぞよろしくお願い致します。

今日からウィンザー・イングリッシュ・スクールのレッスンがスタートします。
昨夜から寒気がやってきて、寒い寒い朝でした。
除雪車が我が家の前に大きな雪の固まりを置いて行ってくれました。
それでも今シーズンは雪が少なくて楽です。
寒さもこれからが本番ですが、頑張っていきたいですね。

そして、明日は(ほぼ)毎月第一土曜に行っている、オープンデーの予定です。
午後2時から4時まで実施しておりますので、よかったら遊びにいらして下さい。
教室の案内と質問にお答えしたり、社会人のクラスに入会ご希望であれば簡単なテストも致します。

春からは小学新1、2年生のクラスを開講したいとも思っていますので、考えていらっしゃる方は遊びに来て下さい。
昨年暮れのクリスマス会では、普段会う事のない低学年、高学年のクラスの子供達が一緒になってゲームをたくさん楽しみました。
優しく賢い子供達が多く、小さい子と大きい子が協力し合って、楽しみながら取り組んでいてとてもうれしかったです。
わいわいきゃーきゃー言っているところを写真におさめて後で皆さんにお渡ししました。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

ホームページ、ただ今調整中です
読めますが、日本語おかしなところあります。なるべくはやく直します。








フランス旅行 7 カフェ

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

朝晩すっかり肌寒くなり、日が落ちるのもはやくなりました。
もうすぐ冬かなあと思うとちょと気分も下がりますが、フランス旅行記の締めくくりがまだでしたので、終わらせようと思います。
オペラハウス、サクレクール寺院、凱旋門、ノートルダムなど観光名所と呼ばれる所はあちこち回り、どこもすばらしかったのですが、絶対ここは外せないといったらどこかな〜、となってしまいます。
ガイドブックで見れますしね。
なので、最後にカフェのお話。
簡単な食事もでき、ちょっと疲れたとき、または子供達の買い物につき合いたくないときなど、カフェに入りました。
ほんの少しフランス語も勉強して行ったので、せっかくなのでなるべくフランス語で注文等するようにしていましたが、
答えが英語だったり、じゃあと思って英語で話すと答えがフランス語だったり。
ウェイター、ウェイトレスさん達は愛想がよくフレンドリーな人が多かったです。
子供達がなかなか帰って来なくて長居しても嫌な顔されませんでした。
夏の時期ですから、外にも必ずテーブルが出してあり、椅子が道路側に向けておいてあって、道行く人を眺めながらゆったりコーヒーを飲むという感じです。
IMG_9674.jpg
犬の散歩途中で立ち寄ったり、おばあさん一人だったり、いろんな人がいました。

行くまでがあまりに忙しくあまり下調べできずに行ったのですが、今はネットで何でも調べられるので出る直前に調べたり、とんでもなく迷う事もなく、(それでも迷って時間をロスしたくなかったので道行く人に何度も訊いていました)便利になったなあと思います。
ただネットの情報はパリで一番おいしいと書いてあったクレープ屋さんがかなりのハズレでブーイング受けましたし、あてにならない事もありました。開店時間がちがったりと、間違った情報も結構ありますね。

これからの季節、航空券も安くなってきますし、クリスマス時期のパリも素敵だろうなとは思いますが、また行けるのは、、、まあずーっとずーっと先のこと(ないかも)でしょうね。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/






フランス旅行 6 メトロ事情

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

パリではNavigoという地下鉄・バスなど決められたゾーン内であれば乗り放題の切符を購入して動いていたのですが、
これが優れものでした。
現地の人用でガイドブックには載っていなかったのですが、観光客でも購入できて駅員さんがとても親切でこっちのほうがいいわよ、と教えてくれたのでした。
身分証明用の写真が必要だったのですが、手持ちの適当なのを貼りました。
(ななめ向いてても大丈夫でした)
それでも、歩く事は多く毎日平均して12キロ程歩いていて足に軽く筋肉付いたのがわかるくらいでした。
嬉しい成果です。
DSC05239.jpg
ルーブルの駅

メトロの駅によっては日本語で「スリがいるので、手荷物に気をつけるように」というアナウンスが入ります。
お店でそんな荷物の持ち方じゃ駄目よ、と子供達、荷物の持ち方の指導を店員さんから受けていました。
物乞いも構内にたくさんいて、お腹の大きな妊婦さんもいました。
皆で彼女の身の上を心配しました。

おもしろかったのは、車両に入ってきて、自分がどうしてこういう身の上になったのか、演説して次の駅で隣の車両に入っていってまた演説をするおじさんに何度か会った事。
ただその人は話すだけ話して去って行くので実入りは全くないようでした。
一番効率的だった人は、電車内で一人一人に回ってお願いします、している人でした。
これは結構勇気がいるのでしょうね。
駅のお手洗いは入るのに1ユーロ。
今朝のレートで¥112(調べてあんまり安いのでショック受けました)
これ、払えない人はもしかしてその辺で済ませているのかな、と思うくらい駅構内アンモニア臭しました。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/















教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

フランス旅行5 ジベルニー/モネの庭

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

3週間程プライベートな作業で忙しくしており、旅行記も滞っておりました。
記憶が薄れる前に、とは思っていたのですが。
レンタカーを借りて、パリから80kmほどの所にあるジベルニー村へ行ってきました。
paris_2016_giverny19.jpg


paris_2016_giverny4.jpg


モネの邸宅と庭園 MAISON ET JARDIN DE MONET
モネ(1840-1926年)がル・アーヴルやパリでの制作活動のあと安住の地に選んだのがジヴェルニー。43歳から亡くなるまで人生のほぼ半分をこの家で 過ごしました。花咲き乱れる美しい庭園はモネ自らが設計したもの。しだれ柳が水面に影を落とす蓮池がまさに「睡蓮」の世界を思わせる情景。池にかかる太鼓 橋がモネの日本趣味をうかがわせます。花の咲いている時期こそ訪れる価値があるので、冬は閉館してしまっています。 モネの家は淡いピンク色の外壁や内部の調度品も当時のままに修復され、画家の息遣いを感じることができます。モネの作品こそありませんが、モネ自身が集め た貴重な日本の版画コレクションが展示されています。


オープン期間 4月1日~11月1日 
9:30~18:00
料金 大人6ユーロ、学生4.50ユーロ、12歳未満3.50ユーロ


84, rue Claude Monet - 27620 GIVERNY

サイト:www.fondation-monet.com/(英語)
フランス観光公式サイトより。



お天気もよく、混み合う前にと朝早くに出発しました。(と言っても8時ころですが)
一旦パリ市内を抜けなくてはいけません。
レンタカーには簡単なナビもついていましたが、6叉路とかになると分かりにくく、田舎に入ると道は狭くて、路肩からボコン、と落ちそうになったり運転はストレスかかります。
でもずっとパリばかりだったので、田園風景に癒されます。

モネの睡蓮の絵そのままの庭もよかったのですが、家の中も素敵でした。
浮世絵を集めていたということで、たくさんの浮世絵が飾られていました。
paris_2016_giverny11.jpg

paris_2016_giverny10.jpg



教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

フランス旅行 4 VizEat(ヴィジート)

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

旅行をしていて、その土地の人たちの暮らしや家庭でどんな物が食べられているのか知りたいなと思ったことはありませんか?
講師が旅行前に見つけた、VizEat(ヴィジート)というサイト、この希望を叶えてくれます。
https://www.vizeat.com
Airbnb(現地の人から住空間を借りる)のレストラン版、のような感じかな、と思いました。
現地の住人、プロの料理人ではないホスト(提供者)が、自宅で食事を提供してくれます。
ホストは旅行者とのコミュニケーションや異文化交流に関心のある人たちで、登録は審査をクリアした人のみが可能だということ。
講師は本当によく、いろいろなおもしろいものを見つけてきます。
サイト上に登録されている方達の写真とメニュー、口コミなどを参考に行きたい所を選びます。

ホストはマリーさん、という若い方で話題の豊富な楽しい方でした。
もちろん、料理もおいしかったです。日本では珍しいものを、と思ったので、アーティチョークと鴨を使った料理というのが決め手になりました。
イギリスから会いに来てくれた両親と妹も招待していたので、パリのはずれにある家へ行くまで実際無事たどり着けるか、食事は用意されているかなどちょっぴりの心配もありました。

到着して、あたたかく迎え入れてもらったのですが、さてこの食事の間このかたはどうするんだろう、と思っていると、
一緒にテーブルについて食事をしました。
イギリスで数年働いていた事もあり、ハリーポッターファンでもあるとのこと、我が家の子供達もなので共通の話題があって話もはずみました。
paris_2016_marie1.jpg
スターター
paris_2016_marie_6.jpg
アーティチョークと生ハムのサラダ
paris_2016_marie5.jpg
鴨のいちじくソース
paris_2016_marie3.jpg
チーズの盛り合わせ


教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

フランス旅行 3 美術館

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

今回美術館はルーブルとオルセー、最近リノベーションが終わったピカソ美術館の3ヶ所に行きました。
結局どこもそれほどゆっくり見る事はできなかったのですが、所蔵する絵画はオルセー、
建物や全体的なところではルーブルが私の好みでした。
ピカソはやや小ぶりで少しの時間でも見る事ができます。
下の娘が「自分にも描ける」を繰り返していました。
ルーブルは何年も前に行ったことがあるのですが、モナリザの前があんなにも混み合ってはいませんでした。
近くに行くには少しずつ少しずつ進んでやっと前まで行ける、という感じでした。
それでも、前に着いた人たちは鑑賞よりも自分とモナリザを一緒にカメラに収めるのに一生懸命、という印象を受けました。
フラッシュさえたかなければ撮影も大丈夫なので、
少し撮ってきました。
ルーブルの今回気に入ったのは、ボッティチェリ。
あるのを知らずに行ったのでナイスサプライズでした。
好きな画家です。

ボッティチェリ/ルーブル





そして、ナポレオン一世の戴冠式ーー。
ルーブルで2番目に大きな絵で、細部を見れるのを楽しみにしていました。

DSC05228.jpg

オルセーで気に入ったのは、ゴーギャン。
それほど好みの画家ではありませんでしたが、今回すっかり気に入りました。

IMG_1745.jpg

おまけです。時々教室のホワイトボードに絵を描く、ウィンザーの画伯の絵。
ピカソにも匹敵??
IMG_1084.jpg


教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

フランス旅行 2

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

フランス航空ストライキ、の知らせから始まった今回の旅行。
長距離の国際便のキャンセルは免れましたが、乗務員が通常より少ないということで、食事は冷製のものでした。
飛んだだけでも感謝すべきとは思いますが、帰りはアリタリア航空で食べ物の文句はあまり言わない方ですがお世辞にもおいしくはありませんでした。

IMG_1615.jpg

脚のむくみと全身のこわばりと戦いながら、飛行トラブルもなく、揺れて紅茶が飛んでくることもなく(何年か前に一度ありました)無事12時間半ほどでフランスに到着。タクシーに乗り込み、チップはいかほど??と日本語で相談しながら、渡すとそれまで無口だった運転手さん、満面の笑みでハブアグットリップ!!と言って去っていきました。
ちょっと多かったみたいです。

さて、着いた家は、、、大きな家ですが、相当な古さとかなり怖い感じ。
ホウンテッドマンション??
中も変わった置物や絵でいっぱい。
初日はちょっと怖かったです。
地下室もあったのですが、ネズミがいそう、なんかいそう、と誰も行きたがりません。
洗濯機があるので行かなければいけないのですが。。。
他の鍵は頑丈にかけてあるのに、地下室の窓は鉄格子があって、開けたまま。
電気の線があって閉める事はできません。
人は入れないだろうけど、虫や小動物なら楽に入って来れます。

そして、洗われていない洗濯物の山、山。
洗われてそのまま置かれて湿っぽい洋服の山。
お忙しいのでしょう。

おばけ、とか信じませんが、何度か早朝と夜に家がギシギシ、ぴしぴしと音を立て、ときどき、
ピンポン、となるのですが、誰もいません。
開けない、開けないと目をつむっていましたが、やっぱり開けると何もいませんでした。
気のせいかな〜〜。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/









フランス旅行 1

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

ウィンザーでは、いつもよりちょっと長めの夏休みをいただいて、フランスへ行ってきました。
今回3回目のハウスエクスチェンジの相手先を決めてから、チケットを取ったのが昨年11月のこと。
テロが起こったのはその直後でした。
まわり、特に家族にはそれでも行くの?と心配をかけてしまいましたが、厳戒態勢にあるフランス、どこへ行っても銃を持った警察や兵隊がいて、美術館やデパート等でも大きめのバックを持っていれば中身をチェックされました。
そのおかげか結局なんの危ない目にもあわず、こわいかなと思ったのは最初だけでした。

IMG_0091.jpg

今回のハウスエクスチェンジは、かなり大変で、いつも事前の準備が大変ですが、とくに今回はかなり相手先に振り回されました。
それでもなんとか向こうのお宅に滞在することはできました。
帰ってからもかなりのトラブルに見舞われましたが、思い返せばいい経験でした。
また、こちらで訪日した家族を面倒みてくれた友人家族にもとてもお世話になりました。ありがとうございました。

パリでは、私がドイツで一緒にドイツ語を習っていたフランス人の友人夫妻、講師の学生時代の友人家族、そして講師の妹と両親が会いにきてくれ、懐かしい再会を喜びました。

そんな訳で、少しずつ旅行記を紹介したいと思っています。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

イギリス国民投票 EU残留か離脱か

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

いよいよイギリスのEUからの離脱の賛否を問う国民投票が本日行われます。
サマータイムで8時間の時差もあり、結果が出て来るのは、日本時間明日の昼12時から3時ころとのことです。

たまたま昨日の朝、講師の両親とフェイスタイム(インターネットの無料ビデオ電話)したのですが、どうするのか聞いたところ、もう郵送で投票は済ませた、との事でした。どっちに入れたか聞いた所、『え、嘘でしょう??』と一瞬目がテンになりました。

一昨年のスコットランドの独立住民投票の時も遠くから見守っていましたが、投票前に独立賛成派が反対派を上回りましたが、結局独立とはなりませんでした。

今回も似たような感じかなあと思いつつも、ちょっとハラハラしながら見守っているのですが、どうなるでしょうね。
20日の電話調査では、残留が45%、離脱が44%。大接戦ですね。(今朝のワイドショーでは42%、44%)
今朝の経済ニュースでは、ブックメーカーのオッズは残留派前回6割から9割に上がり、マーケット関係者は100%ないと言っているとか。。。
万が一離脱派が勝っても2年間の話し合いの後の離脱、となるようです。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

返上したい虫係

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

ご無沙汰ばかりで、更新の仕方を忘れそうです。
暖かくなって、暑いくらいになって、我が家の庭の植物も
(特に雑草が)旺盛に育っています。
講師は草刈り機を使っての草刈りが大好き(だと思います)で、私も機械ではできない所のお手伝いをするのですが、
先週は草取りをしていると...土の中から...
大きな蜂が!!

スズメバチでした。
思わずしゃがんだ体勢のまま、後ろに飛び退りました。
腰抜けました。

ズズメバチはそのままのろのろと壁を伝って上へ上へとあがって行きましたが、私はそおーっと家の中へ避難。
いろいろ調べてみて、土の中に巣を作る事もあるとのことで、でも今の時期は巣を作っているそうで、しかもあまり攻撃的でないと判断、そんなに大きくないだろうと思い、役場に相談してみると、防護服を貸してくれるとのことで、借りてきました。

役場の係の人は、綺麗な若い女の人だったのですが、
「私、実は今朝小さな巣を駆除しました。シューって薬で。やってあげましょうか??」とのこと。
しかも防護服も着ず。
ちょと一歩後ろにさがりそうになりました。
すごいです。
IMG_2646.jpg
IMG_2650.jpg

さて、これを着て誰が退治に向かうか。。。

講師は全くやる気なし。
写真を撮ってあげよう、とか言っています。

実家の、虫退治を全く恐れない母に言うと、「そんなの、蠅たたきでバシン!!と一発すればよかったのに」
(我が家にもこういう人が一人いてほしい)
それでも虫嫌いの私をかわいそうと思ったのか、来てくれると言ってくれました。
あまり近くもないところ虫退治に呼ぶのもかわいそう、と思い結局私がやることに決心しました。
そして、翌日早朝4時半、いざ防護服に身を包み、その辺りを掘ってみると...いない。
結局いませんでした。

役場の女性は、「また出たらいつでも借りにきて下さいね。」とさわやかに言ってくれました。
心強いですが、もう出ない事を願います。

この家に住むまでは庭仕事など全く縁のなかった雑用係ですが、アブラムシ、カミキリムシの退治などなど、なぜか全部私が担当になってしまっています。虫係、返上したいです。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/


小学1、2年生クラス

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

今日の夕方の子供クラスですが、スタートして約1年になります。
「俺たち、英語始めて何年になるの?」
と授業の最後にきかれました。
わからないことに笑ってしまいましたが、訊かれて、1年で大きくなったなあと、しみじみ思いました。
とてもいい子供達で、ウィンザーのレッスンは小さい子供達のクラスも1時間なので、ずっと集中力を維持するのはとても無理ですし、疲れているときもありますが、テンポの速い講師のレッスンに一生懸命付いてきて、本当によく頑張っています。
その一生懸命な姿のかわいらしいこと!
最近小さい子供達の成長を見せてもらえることを、とてもありがたく思います。
自分の子供達がもうほとんど大人の仲間入りをした今、はやく大きくなってくれないかなあなんて思っていたのがどんなにもったいないことだったか。。

明日は新1年生のクラスです。スタートしてまだ3回目のレッスンになりますが、ややおとなしめのクラスでどんな風に皆さん成長するのか楽しみです。


教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

年に一度のお楽しみ♪

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

にかほの桜はほとんど葉桜、本荘は散り始めてきましたね。
桜の時期は短くて、あと何十回見れるかなあと思うと、盛りの時期はわざわざハーブワールド脇の桜並木の下を行き・帰りと通って仕事に行きました。お天気がいいと、鳥海山とのコラボがなんとも言えず、のろのろ運転していても誰も後ろからあおったりしません(*^_^*)

IMG_1216.jpg

さて、来週木曜日4:00〜新しい子供クラスの体験レッスンがあります。
講師はどんなレッスンを準備しているのか、どんな子供達が来てくれるのか、今から楽しみです。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/


プロフィール

positivelearner

Author:positivelearner
秋田県南西部にある由利本荘市で英会話スクールの雑用を担当しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR