FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワールドカップ 日本対ベルギー

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

4年に一度のワールドカップ、今年の講師は疲れ気味で4年前には夜中に起きだして、テレビの前にかじりついていたものですが、今年は、
「日本に点数入ったら起こしてね」というので、
普段は全くサッカーに興味のない雑用係、
日本の試合だけは見ますよ〜〜!という訳で、東京にいる娘と一緒にビデオ電話しながら早朝のサッカー観戦です。
最初の1点で狂喜乱舞、起こしに行きますが、全く起きる様子なし。
2点目で勝利はほぼ確実??と大喜びだったのですが、結局負けてしまいました。
でも大健闘でしたね。お疲れ様です。あんなに端から端まで走って、サッカー選手ってすごいです。

BBCでは何て言っているかなと見てみると。
ベルギーは試合には勝ったかもしれないが、このゲームでの一番評価の高かった選手が乾、となっていました。


Belgium might have won 3-2 to reach the World Cup quarter-finals -
but it was Japan's players who impressed you most.

Takashi Inui, who put Japan 2-0 ahead, was your highest rated player.
In fact every single Japanese player out-rated every Belgian player.

Read Belgium v Japan match report


日本
ベルギー



https://www.bbc.com/sport/football/44664191
元の記事はこちら
スポンサーサイト

風船で空を飛ぶ

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

数年前に、「カールじいさんの空飛ぶ家」というアニメ映画がありましたが(家族で見に行きました)
子供の頃、風船たくさん持って空を飛んでみたいなあ、なんて誰しも思ったのではないでしょうか。
私も思いました。
45A968EF00000578-5015843-image-a-23_1508929565929.jpg
そんな夢を叶えてしまった人が昨日のニュースに出ていました。
調べたところ、イギリス人でした。
100個の風船に2日かけてヘリウムガスを入れ、約二時間半の空の旅を楽しんだそうです。

A British thrill-seeker has flown across South Africa strapped to a camping chair carried by 100 balloons.
Tom Morgan, 38, drifted nearly 16 miles through the sky and reached a height of 1.5 miles after spending two days filling the balloons with helium.
He had previously attempted the cluster ballooning stunt three times in Botswana before finally succeeding north of Johannesburg using the last of his helium supply.
Mr Morgan, from Bristol, said: 'I found an article on a 1905 gas balloon race and thought "we could do that."
'The problem was finding a good weather window and it was difficult to protect the balloons as they kept bursting.
'It was completely silent and the view was amazing - the whole thing was magical but I don't think it will be a commercial success.'

もちろんどんなことがどんな場面で起こるのか予測もできず、心配もあったようで、
'If something had gone horribly wrong it would have been pretty permanent.
'There was a priest from South America who did it a few years ago and he went too high and didn't come back.

と言っています。この牧師さん、帰ってこなかった、ということは行方不明になってしまったのでしょうか。


元の記事はこちら
http://www.dailymail.co.uk/news/article-5015843/Thrill-seeker-floats-South-Africa-100-balloons.html

Read more: http://www.dailymail.co.uk/news/article-5015843/Thrill-seeker-floats-South-Africa-100-balloons.html#ixzz4xEgRYeK3
Follow us: @MailOnline on Twitter | DailyMail on Facebook

続きを読む

ニューヨークのクジラ

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

今朝のBSで、ニューヨークの海にクジラが帰ってきた、というニュースが流れていました。
NYの高層マンションの24階に住んでいる女の人が、窓から見下ろせるハドソン川に(川にいるって驚きです)クジラを見つけた時は目を疑ったそうです。
検索してみたところ、
For the first time in a century, humpback whales have returned to the waters of New York harbor.
And not just occasionally, either.
They're coming in enough numbers that a company can reliably trot tourists out to the ocean
—within sight distance of Manhattan’s skyscrapers—to see them.

http://www.popsci.com/new-york-city-whalesより
humpback whales ザトウクジラ
occasionally    時々 
reliably 確実に
trot         急ぎ足にする(急かす) 
skyscrapers    摩天楼
IMG_9826.jpg

夏至も過ぎ仕事帰りもまだ明るいこの頃ですが、お天気がいいと綺麗な海を眺めながらドライブできます。
そんな時、え!?今のもしかしてクジラ!?
なんてことがあったらいいですね。。。。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

イギリス国民投票 EU残留か離脱か

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

いよいよイギリスのEUからの離脱の賛否を問う国民投票が本日行われます。
サマータイムで8時間の時差もあり、結果が出て来るのは、日本時間明日の昼12時から3時ころとのことです。

たまたま昨日の朝、講師の両親とフェイスタイム(インターネットの無料ビデオ電話)したのですが、どうするのか聞いたところ、もう郵送で投票は済ませた、との事でした。どっちに入れたか聞いた所、『え、嘘でしょう??』と一瞬目がテンになりました。

一昨年のスコットランドの独立住民投票の時も遠くから見守っていましたが、投票前に独立賛成派が反対派を上回りましたが、結局独立とはなりませんでした。

今回も似たような感じかなあと思いつつも、ちょっとハラハラしながら見守っているのですが、どうなるでしょうね。
20日の電話調査では、残留が45%、離脱が44%。大接戦ですね。(今朝のワイドショーでは42%、44%)
今朝の経済ニュースでは、ブックメーカーのオッズは残留派前回6割から9割に上がり、マーケット関係者は100%ないと言っているとか。。。
万が一離脱派が勝っても2年間の話し合いの後の離脱、となるようです。

教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/

サウジアラビア国王の休暇

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

毎日暑いですね。5月からスタートした子供クラスも約3ヶ月になり順調です。
子供達は早めに来てかなり動き回るので、クーラーがついていても暑そうです。
暑くても子供は本当に元気、うらやましい限りです。

こう暑いと避暑にどこか涼しいところへ行きたくなりますが、サウジアラビアの国王が1000人の側近を引き連れてフランスの南海岸を訪れているのだとか。別荘周辺の道路を閉鎖して地元住民の顰蹙を買っているようですが地元に与える経済効果はとんでもないものです。仁賀保の平沢海岸や本荘マリーナに国王が、なんてことは間違ってもないかもしれませんが、何億というお金が落ちてくれるなら、閉鎖されても誰も文句は言わない??かもしれませんね。
_84508412_hi028301262.jpg
海岸に降りるエレベーターを設置したそうですが、帰る時には撤去すると約束しているようです。


Saudi Arabia's King Salman has arrived in the south of France for a three-week break -
but the monarch is not your average holidaymaker.
Locals are already upset after a public beach was closed so he can relax in private, while a 300m (985ft)
exclusion zone has been implemented around his villa.
Many businesses are, however, more than happy to meet his demands. They claim the Saudis bring much-needed revenue to the area.
Summer holidays are the perfect opportunity to spend time with family and friends - but inviting 1,000 of your nearest and dearest may seem excessive.
King Salman's huge entourage of relatives, staff and military officials have taken up residence along the French coast.
While his inner circle will spend time at his seafront mansion, around 700 others are staying in lavish hotels in Cannes.

more than happy to meet his demands
この表現、使えますね。
I am more than happy to do it for you.
とか。

BBCの元の記事はこちら
http://www.bbc.com/news/world-europe-33675381



教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/
プロフィール

positivelearner

Author:positivelearner
秋田県南西部にある由利本荘市で英会話スクールの雑用を担当しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。