スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス旅行5 ジベルニー/モネの庭

こんにちは。秋田県由利本荘市にある英会話スクール、ウィンザーイングッリッシュスクールの雑用係です。

3週間程プライベートな作業で忙しくしており、旅行記も滞っておりました。
記憶が薄れる前に、とは思っていたのですが。
レンタカーを借りて、パリから80kmほどの所にあるジベルニー村へ行ってきました。
paris_2016_giverny19.jpg


paris_2016_giverny4.jpg


モネの邸宅と庭園 MAISON ET JARDIN DE MONET
モネ(1840-1926年)がル・アーヴルやパリでの制作活動のあと安住の地に選んだのがジヴェルニー。43歳から亡くなるまで人生のほぼ半分をこの家で 過ごしました。花咲き乱れる美しい庭園はモネ自らが設計したもの。しだれ柳が水面に影を落とす蓮池がまさに「睡蓮」の世界を思わせる情景。池にかかる太鼓 橋がモネの日本趣味をうかがわせます。花の咲いている時期こそ訪れる価値があるので、冬は閉館してしまっています。 モネの家は淡いピンク色の外壁や内部の調度品も当時のままに修復され、画家の息遣いを感じることができます。モネの作品こそありませんが、モネ自身が集め た貴重な日本の版画コレクションが展示されています。


オープン期間 4月1日~11月1日 
9:30~18:00
料金 大人6ユーロ、学生4.50ユーロ、12歳未満3.50ユーロ


84, rue Claude Monet - 27620 GIVERNY

サイト:www.fondation-monet.com/(英語)
フランス観光公式サイトより。



お天気もよく、混み合う前にと朝早くに出発しました。(と言っても8時ころですが)
一旦パリ市内を抜けなくてはいけません。
レンタカーには簡単なナビもついていましたが、6叉路とかになると分かりにくく、田舎に入ると道は狭くて、路肩からボコン、と落ちそうになったり運転はストレスかかります。
でもずっとパリばかりだったので、田園風景に癒されます。

モネの睡蓮の絵そのままの庭もよかったのですが、家の中も素敵でした。
浮世絵を集めていたということで、たくさんの浮世絵が飾られていました。
paris_2016_giverny11.jpg

paris_2016_giverny10.jpg



教室のHPはこちら
http://windsorschool.biz/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

positivelearner

Author:positivelearner
秋田県南西部にある由利本荘市で英会話スクールの雑用を担当しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。